断熱・節電 省エネ二重窓リフォーム

大信ガラスの運営する大信ガラスリフォームのサイトです。
トップページ > 断熱・節電 省エネ二重窓リフォーム

断熱・節電 省エネ二重窓リフォーム

暖房効率を高め、節約効果も 快適な空間を作る『二重窓リフォーム』 冬の困った結露対策にも!!

こんな方へオススメです。

  • 窓ガラスの結露でカーテンが濡れてしまってお困りの方
  • 冬の暖房のききが悪いと感じる方
  • 暖房費の節約、節電をしたい方
  • 部屋の中が寒く、つい上着を羽織ってしまう方

 

”断熱”・”節電”の『省エネ二重窓リフォーム』が選ばれる理由

室内から逃げる暖かさの約5割が窓・ドアからです!!

冬、建物から逃げていく暖かさの48%は窓やドアが原因です。一般的に窓ガラスや窓の枠として多く使われているアルミサッシは暖かさが逃げやすい素材です。そこで、この窓の内側にもう1つ窓をつける工事が『断熱・節電の省エネ二重窓リフォーム』です。

 

暖かさを逃がさない!”二重窓”の仕組み

二重窓の構造

今ある窓の内側に二重窓を追加。 既存窓の間に生まれる空気層が、熱を外へ伝えにくくする役目 を持ちます。

二重窓の素材には、断熱素材の『樹脂』を採用。簡単に言うと、『プラスチック』のような素材 です。樹脂はアルミと比較して熱の伝わりやすさが1/1000程度と断熱性能が高く、熱の出入りを防ぐには持ってこい の素材です。

 

 

 

 

二重窓で結露を防いで快適な住まいに

結露による問題

室内に発生した水蒸気が外の冷たい空気の影響を窓辺で受けることで、結露が発生します。結露が発生すると、室内がジメジメしやすくなり不快感をじますが、結露の弊害には、以下のようなものもあります。まず、窓辺での結露の発生によりカーテンが湿り、カビが発生しやすくなります。カビが発生すると、喘息などを引き起こすアレルギーの原因となってしまいます。カーテンに限らず部屋がジメジメすることで、布団や家具にもカビが発生しやすくなります。

この様な結露の弊害を防ぐためには、換気などの対策がありますが、寒い季節や眠っている間に は換気は難しくなります。 そこで、二重窓を取り入れることによって、結露の発生を軽減できます。

二重窓なら、結露を大幅に軽減します。

樹脂製で断熱に優れた二重窓をつけることで、窓は外気の影響を受けにくくなり、結露の発生を抑えることができます。結露を抑えることで、快適で清潔な住まいを保つことができます。

 

 

 

省エネ二重窓リフォームのメリット

二重窓リフォームのメリット1
住まいの過ごしやすさ

一番のメリットは、快適なお部屋と過ごしやすい住まいです。

また、冬に窓辺で発生する結露を軽減することで、清潔なお部屋を保つことにも、つながります。

二重窓リフォームのメリット2
冷暖房費の節約&節電効果
二重窓リフォームを行うことによって、冷暖房費の節約、
節電効果があります。灯油の使用量が約1/3になったと
いう例もあります。設置される窓の方向によっては、日差
しが強く入ってくるのか、もしくは、冬の断熱対策を
行った方がいいのか。変わってくる場合がありますので、
ご相談ください。基本的には、 日差しの強い窓には、熱
を室内に入れないようにする遮熱性能の高いLOW-e
ガラスがオススメで、北側の窓などには、断熱性能が高
いガラスを選ぶことが多くなります。
二重窓リフォームのメリット3
1日という短期間で工事できる!
省エネ二重窓リフォームの工事は、1窓あたり約1時間で設置ができます。通常1週間から2週間かかるようなリフォーム工事ほどお時間かからず、遮熱・断熱・節電効果の二重窓リフォームを実感できます。工事中の振動や騒音についても、短期間ですむので、取り組みやすい工事といえます。

ご利用いただいたお客様の声

二重窓 インプラス設置事例
柏市 S様邸
一戸建て リフォーム 1階居室
二重窓を取り付けていただく前は、暖房をしても部屋が冷えやすく困っていましたが、設置後は暖かさが逃げにくくなり窓の付近でも快適に過ごせるようになりました。 さらに、以前は少しの暖房でも結露がひどかったため白いレースカーテンが汚れてしまうことが気がかりでしたが、二重窓にしてから 結露を気にする必要もなくなりました。設置していただいて本当によかったと思っています。

お選びできるお支払い方法

  • 銀行振込
  • 工事後、現金お支払い

 

仕事の流れ

大信ガラスへのお問い合わせ先

対応地域 千葉県柏市、松戸市、我孫子市、流山市

 

  • 大信ガラスが選ばれる3つの理由
  • インプラスとプラマードどっちがいいの?
  • インプラスとプラマードの色比較