エコ窓減税額がわかる方法(標準的な工事費用相当額とは?) | 千葉県柏市のサッシ・修理専門店 大信ガラスです

大信ガラスの運営する大信ガラスリフォームのサイトです。
トップページ > ガラス屋豆知識 > eco減税 > エコ窓減税額がわかる方法(標準的な工事費用相当額とは?)

エコ窓減税額がわかる方法(標準的な工事費用相当額とは?)

2010年06月10日 · eco減税, リフォーム

 

エコ窓減税額を計算する際に必要な標準的な工事費用相当額の表です。

 

改修工事の内容【Ⅳ地域】

単位当たりの金額

(円/床面積1㎡あたり)

窓の改修

ガラス交換

6,600円

内窓の新設

8,000円

サッシ交換

16,000円

 

工事の内容と 改修する家の居住に使用する部分の床面積を掛け算した金額になります。

 

例えば、80㎡の住宅で内窓(プラマードUやインプラス)の新設工事を行ったとすると、

80㎡ × 8,000円 = 640,000円が標準的な工事費用相当額と算出されます。

 

この金額と実際の工事費用とのいずれか少ない方が控除対象限度額となります。