エコ窓減税額がわかる方法 | 千葉県柏市のサッシ・修理専門店 大信ガラスです

大信ガラスの運営する大信ガラスリフォームのサイトです。
トップページ > ガラス屋豆知識 > eco減税 > エコ窓減税額がわかる方法

エコ窓減税額がわかる方法

2010年06月10日 · eco減税, リフォーム

 

『実際の工事金額』 と 『標準的な工事費用相当額』のどちらか低い方の金額に、

対象家屋の延べ床面積実施する工事内容によって、減税額が決まります!

 

例えば、

【居住面積100㎡の住宅で工事費90万円で全ての居室に内窓を設置する場合】

 

『実際の工事金額』 90万円 >  『標準的な工事費用相当額』 80万円

低い金額の80万円が計算に使われます。

 

*標準的な工事費用相当額の計算方法  内窓の新設 (8,000円/床面積1㎡あたり)

 

100㎡×8,000円=80万円×10%=8万円 となり

 

減税額は8万円となります。

 

その他の工事の標準的な工事費用相当額はこちらから