断熱フィルムで節電 | 千葉県柏市のサッシ・修理専門店 大信ガラスです

大信ガラスの運営する大信ガラスリフォームのサイトです。

断熱フィルムで節電

2011年06月03日 · ガラス屋まめ知識, 住宅エコポイント, 断熱対策

 

以前から窓のまわりの断熱について話題にしてきました。

今夏は特に電力不足の影響でエアコンの使用量を減らし、節電をしようと考えている方も多いかと思います。

 

特に、樹脂の内窓であるトステムさんのインプラスや、YKKapさんのプラマードUをご紹介してきましたが、手軽にできる断熱対策として、窓に貼る断熱フィルムを紹介します。

断熱フィルムはホームセンター(ロイヤルホームセンターさんなど)や東急ハンズなどでも手に取ることができます。ご自宅の窓のサイズに合わせて購入して、自分で貼ればすぐに断熱対策を始められます。

 

また、インターネットなどでは、窓の断熱フィルムの施工を行っている業者さんを探すこともできます。

 

断熱フィルムは外から入ってくる熱を遮断することで、冷房の効率を高め、節電の効果が期待できます。冬場や湿度の高くなる梅雨の結露の防止にも役立ちます。また、紫外線をカットしたり、外から部屋の中の様子を見えにくくする目隠し効果のあるものなど、種類によってさまざまな効果が期待できます。

断熱フィルムは窓に直接貼り付けるため、地震などで窓ガラスが破損した場合でも、部屋の内外への飛散防止にもなります。特に小さいお子さんがいるご家庭では、飛散防止の効果があると安心ですね。

余談になりますが、飛散防止の効果があるガラスには、強化ガラス網ガラスといったものがあります。強化ガラスは割れにくく、割れた際でも破片がとがらないため、自動車や学校などでの使用が多いです。また、高層階などでの使用が多い網ガラスは防犯効果を期待している方も多いのですが、残念ながら防犯のためではなく火災時の飛散防止のために使用されます。

 

通販会社のフェリシモさんでは、かわいらしい柄のついた断熱フィルムを販売しているようです。

 

断熱節電の方法が、テレビなどでもたくさん紹介されていますが、自分にあった方法で節電に貢献していけると良いですね。